抜け毛と遺伝の関係について

抜け毛や薄毛は遺伝的な理由であるため、自分には抜け毛の対策は立てようがないと考えている人がいます。抜け毛の対策をしても、母方の男性の親戚はみな髪が薄いから、父親の髪がはげているから無意味だと思ってはいないでしょうか。遺伝によって抜け毛がおこると言われていますが、それは真実なのでしょうか。本当は抜け毛が強い遺伝によって起きているという人は、全体の4%に満たないといわれているようです。抜け毛が家族全員に起きているというときには、食事の内容や生活習慣が家族なので一緒になりやすいことが原因です。栄養に偏りがある食事内容や洗髪の頻度や方法が似通ってしまうために、家族のみんなが抜け毛になるというものです。この場合は、一見して遺伝のようですが、実は生活習慣や食習慣の改善によって抜け毛対策が可能です。まだ遺伝が抜け毛の要因になっているかどうかは研究段階の話なのです。要因が遺伝であるといわれている抜け毛の一つが男性型脱毛症です。薄毛の原因だといわれているのが、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの過多だといいます。5αリアクターゼというジヒドロテストステロンを増加する働きを弱めることのできる育毛剤が話題となっています。遺伝による抜け毛は対策の取りようがないと思っている人もいますが、適切な対策による抜け毛の症状改善は十分期待できます。

このブログ記事について

このページは、adminが2013年5月16日 01:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヨガによる体操のダイエット効果を検証」です。

次のブログ記事は「勧誘のないところ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。